ついに来た!Rsys

トラックバック(0)

MAVICからRsysホイールが届きました(`・ω・´)

まずはこの画像をみてくれ、こいつをどう思う?

Rsys

スポークが太い!!! リムの形状がなんかすごいっっ

重量が軽い! ベアリングがゴリゴリいわずスムーズに動いちゃうっっ

 

店頭展示してますんで ちょっと手にとって見てもらうのもいいかと思うのですが

実はこいつを・・・・ ですね、ちょっとした企画でみなさんに試乗してもらおうかと・・・

 

私の愛車、07年式CAAD9

07CAAD9

(自室にて撮影)

このマシンにRsysをつけて、お客様の試乗車として体感してもらおうかな?って企画なわけだ。

これはMAVICに勤める某営業の方からの希望もあって、、、

 

マビック:「Rsysには絶対の自信があるのです! しかし価格が価格なんで・・・・

       あまり知られていない物なんですよぉ、」

 

なるほど、たしかに価格が 定価17万8千円と、なかなかのお値段。

 

 

 

 

でもね。なぜにホイールにお金をかけるべきなのかっていうのを、自転車屋店員として語りたい。

 

まず、ホイールってのは当たり前だけど回転する物体なわけよね?

物理学を勉強した人ならわかってくれるかと思うけど、慣性モーメント力ってのが働くわけだ

重量がある物体が回転すればするほどモーメント(回転力)が大きくなってくるって理屈。

 

ホイールが1グラムでも重ければ、ホイールの回転数が上がれば上がるほど負荷がかかる。

 

ってなわけよ。

だからホイールは軽い物を使うのが良しとしてるわけです!!

 

コンポを新しくしたり、車体重量を削ったりすることを考えるよりか

ホイールを1グラムでも軽くした方がずっと性能あがるんですよぉ・・・・ 

 

 

で、さらに、乗り心地も全然違うんです。

空気抵抗を考えたホイール、これは回転するときに生まれる空気抵抗を減らす工夫。

モーメント力とは別の負荷を抑える意味もあって、かなり効果的

 

Rsysはまた別のコンセプトで作られていて・・・

地面からの震動吸収性を高めた作りになってるってわけなんよ。

つまり、快適!! ヒルクライムとかにむいてるかもしんない。オールラウンドに走れるねぇ

(スプリントでは・・・・空気抵抗が気になるかもしれませんが、まだ私も試してないので不明)

 

で、ホイールにつけるタイヤもまた重要じゃないかなぁ、

 

今回Rsysにつけようかと思ってるのがコンチネンタルのグランプリ4000S

http://www.chari-u.com/parts/tire/continental06/conti061tr.htm

上記URLで詳しくはみてくだされ~

Rsysホイールのコンセプトから考えると グリップ性能を高めて

長距離を楽々走れそうなタイヤがいいんじゃねぇかと思いまして、これをつけることにしましたっ

(グランプリ4000だとカラーが10色から選べるのですが、4000Sだとブラックのみというオシャレ殺し、)

 

まだパーツがそろっていないので年明けくらいからこの企画ができるんじゃないかなぁ?

ロードに乗ったことがないお客様、ホイールを交換するとどれだけ世界が変わるのか?

それを皆様に味わってもらいます! 期待してまっててねヽ(´ワ`*)ノ

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ついに来た!Rsys

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.chdbikes.com/main/mt-tb.cgi/26




2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31