なになぜカセットスプロケット教室♪

トラックバック(0)

 

今日はめずらしく自転車の知識について書こうかなぁ~ だなんて思ってる、自転車屋・藤井でございます。

おはよう(`・ω・´) ノ

 

それで、今日はカセットスプロケット(スプロケット)について語ろうと思うんだ。

そう、あの・・・後ろのタイヤについてる、ギザギザ歯車の事ね!

なぜにそんなことを書こうかと思い立ったのも 昨日入荷した商品にこんなものが入っていたからだ

 

cs7900

Dura-Ace CS-7900 12-25T ・・・・・  単品っっっ!!!

なんで単品でくるんだよ・・・・ orz  どうして?どうしてっ?!

 

ほら、DuraAceって他のパーツと互換性が無いから、単品でくることってほとんどないわけで・・・

でも よくよく考えたらどうやらその原因に私が関与していたらしく、、、

 

さかのぼること2ヶ月前。

SHIMANOの店舗用カタログが届き、新DuraAceについてお勉強してたわけよ。

「ほんとに全てのパーツにおいて互換性が無いのか?!」

 

私のロードは105のコントロールにリアだけアルテグラがついてたりします。

105やアルテグラと互換性が全くないのか・・・ どうなのか・・・

 

互換表をみてみると、  あったのよ!互換性があるパーツがっっっ!!

 

それが、カセットスプロケット(cs7900)とBB・・・・だけ(´・ω・`)

クランクギアはチェーンの特徴も異なるため互換性がないらしい。。

 

 

 よし、一部だけでも7900にして見栄でもはるか!って理由で

CS7900を一点だけ頼んだんだよねぇ~・・・(汗

後々フルセットで買ったほうが賢いんじゃないかと気がつきキャンセル入れようとして忘れてたんだよね。

 

当時は「カセットスプロケットだけの交換でも性能が向上する」と確信していたから頼んだんよ。

 

 

 

 

 

 はい。やっと今日の本題に入れます。

「カセットスプロケットを交換すると性能があがるの?」ってことなんです。

ただの歯車じゃん?どれも同じじゃないの?せいぜい重さが違うくらい??

 ノンノン、それだけじゃぁないんですよ奥さんっっ!

いいですか? よーーーーっっくこれからオイラが言うことをよくお聞き!!

 

まぁ、まず画像から見てもらおうか

cs_5600

これが105のカセットスプロケット。 お値段だいたい5400円

 

んで、次、

cs_6600

これがアルテグラ お値段6640円くらい。

 

値段差がわずか1000円ってところで 105とアルテグラの比較をしてみましょう。

 

 

アルテグラと105、共通点

・素材:ニッケルメッキ

・重量: 105が219g アルテグラが217g 2グラムだけの差なので同等とみなす。(11-23T)

 

カタログデータをみても差なんて特に無いんです。

でもね、よーーーーく見て欲しいのよ。「仕上げ」がまるで違うんよ

cs_5600up.jpg

105のアップ。金属表面がツルツルしてて、歯のエッジが「ぬめっ」っとしてる感じ。

ついでに写真では写っていませんが、スプロケットの隙間を作るスペーサーって部品があるんだけど

それが樹脂で出来ています。樹脂であることのメリットは熱による膨張が起きない、そして軽量であるということ。

 

で、次、アルテグラ

cs_6600up.jpg

う・・・美しい・・・・ (*゚∀゚)=3ハァハァ

ほら、金属表面がサラサラしてるっしょ? これをサテンフィニッシュっていうんだけどね

あと、歯のエッジもしっかり出てるっしょ? あとスペーサーが金属なんよね105の利点を捨てて

耐久性をとったってわけだ。

 

袋から出して、裏面を見てみよう。

105とアルテグラ比較

どうよ?もうどっちが105でアルテグラか、おわかりですよね?

画面右が105、左がアルテグラ。

ここでの差が、軽量化するための肉抜き(穴)の数が微妙に違う!!アルテグラの方が削ってる部分が多い!

結果的に2g軽くなっているのはこの肉抜きのおかげなんですねぇ~

 

 

 

 

 

 

 

 で、ツルツルだったりサラサラだったり、歯のエッジがしっかりしてることによって何が変わるのか?

そこが今回のミソ。

 

まずサラサラ仕上げによる効果、 歯車がチェーンを受け止めやすくする!ギア変速がカッチリきまります

で、エッジの問題、これもチェーンの登り下りをスムーズにしてくれる物ッス。

 

結論:グレードが高くなるとリアディレイラー変速を助けてくれる!

    スムーズなギア変速は体にもストレスがかからず(・∀・)イイ!

 

 

ってなとこですかね。

 

105のカセットを現在つかっているのであれば・・・

交換時期がきたらアルテグラにバージョンアップされることをオススメいたしますよっ♪

たった1000円の差でこんなにまでも性能が変わるのですから・・・

 

 

 

 

 

 

      で、CS7900DURA-ACEともなるとどうなるの?

●異なる点

・まず材質が違う。チタンシルバーつかってます、、、

・重量もまるで異なります、163gとか、、40g以上軽いんすよぉ別世界ですね。

・お値段も別世界、 21559円。105の4倍のお値段(汗)

・アルテグラよりもさらにエッジが綺麗な歯、分解して手裏剣遊びができそう、グサグサささるお!

 

7900は、是非肉眼で見てもらいたいんでお店の方に遊びに来てくださいねっ☆

めずらしーーーーく自転車記事を書いてみましたがいかがでしたでしょうか?

「ケチで地味な事務員でメカニックだから=ケチジミック」だなんて変な役職名を頂いてる私ですが、、

一応・・・一応・・・・ スポーツ自転車屋店員なんですからねっ(`・ω・´)

とはいえ、お客様の方が知識があったり、、、まだまだオイラも勉強不足ですからのぅ。がんばらねば

 

それではまたっ☆

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: なになぜカセットスプロケット教室♪

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.chdbikes.com/main/mt-tb.cgi/38




2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31