二宮サイクリングの報告

トラックバック(0)
う〜ん..
なかなか梅雨時の企画って予測がつきにくいですよね
いつも困ってしまうのですが
5月31日のサイクリングは天候も持ちこたえ
無事開催出来たので報告しますね。
DSCN1273出発前.jpg

DSCF3388花水.jpg
一路大磯線を南へ向かい花水川のサイクリングコースへ
このコースは整備があまりされておらず
所々道が荒れているからタイヤが少し太めだと走りやすいところ。
そして道幅もかなり狭く人が行き交い場所に依っては車も往来する区間もあるので
MTBとかミニベロとかクロスバイクでもリラックス系ポジションで
タイヤ幅が1.5とか32c以上の自転車でゆっくり走るといい感じなので
自転車やタイヤ選びの参考にして下さい。

変な靴2.jpg
途中で川や景色を見ながら休憩をしていると
え〜Sさん何これ〜
こんな靴初めてみた。
指付ソックスならぬ指付シューズ!














DSCF3384花水.jpg












































DSCF3386-090531.jpg

お〜しもう少しで海..
そして事件です。
ぬあんと!途中てんちょサイクリング道に無数にある車よけの支柱に激突!
奇跡的に自転車がちぃと凹みましたが体は無事でした。
言い訳ですが,スタッフのF井さんの体の比重の軽いお肉プラス更に
服がマントのように風でびらびらしてて..
その直後を走っていたためにですねぇ.....

てんちょの得た教訓
  @ボリュームの大きい人の後を走る時は
   死角が増えるので車間距離は十分にとるべし。

てんちょの希望
  @F井さんジャージ着てぇ〜 ボリューム減るんで。そしてマント着用禁止です!

花水川の海に到着して写真でも撮ろうかと...
あ、う、バッグの中のカメラ壊れてる..ウウッ(T^T)トホホッ

花水川河口でひとやすみ。
DSCN1277花水河口.jpg

さて気を取り直して二宮駅へ!
それから自転車を置いて
駅の近くにある吾妻山へ簡単な山登りをしたのですが
梅雨時の湿度の多い森の中は草木の香りでイッパイ!
アロマテラピーのようないい香りで満ちています。
途中アスレチックもあり山頂には芝が一面に生えていて
ビニールシートを敷いてお弁当を食べている
ニコニコ笑顔の家族連れがたくさんいました。
今回参加した行谷さんによると
晴れてれば相模湾と富士山等が一望出来るみたいで
菜の花のシーズンにはNHKの撮影にも使われているらしいです。


SAGAR CURRY.jpg
そして当初の予定どうり二宮にあるSAGARにて食事が出来ました。
ランチはテラス側で食べたかったのだけど
人数が多かったので今回は奥の大きいテーブル。
ランチは日曜もやっていて
1000円〜1600円ととってもリーズナブル!
(余談ですが700円でお子様ランチもあるみたいですよ)
ナンはほんのり甘く香ばしく、カレーは
日本人の口にも合う辛さでとてもマイルドな味。
ボクは写真にあるポークとシーフードが気に入りました。                
これにタンドリーチキンとヨーグルトにチャイとサラダがついて1600円
いい景色..そして楽しい仲間と食べるおいしい料理ってとても幸せな気持ちになりますね。


よ〜しみんなそろそろ出発しよう!
SAGAR.jpg
おなかもいっぱいになって帰路に..

途中秦野側に帰る人と別れ
花水川のサイクリングコースも終盤にてTさんパンク発生!
あとで検査しないと分からないけどどうやらリム打ちパンクみたい

これは空気が少ないか鋭角な突起で路面とリムにより
チューブを挟んでしまう事で起こるパンクで
ヘビが噛んだように上下2カ所穴が開くので別名スネイクバイトパンクともいう。
小さい穴が空いて知らずに乗っているとこうなる事もあるのです( ' o '  )b

DSCN1317パンク.jpg
そこで急遽 てんちょ直伝の
チューブ交換レクチャーを開始。

・まずはどんな時でも焦らない事
 
・パンクの原因を必ず突き止めて対  策。(刺さった物を取り除くなど)

・チューブを納める時はラベルとバル ブの位置を揃えタイヤに噛み込まな いよう慎重に作業しましょう。
 (チューブの形が出来るくらいに空  気を入れてからチューブを納める  と噛みにくい)

・空気は最後までしっかり入れる。  (空気圧は体重をかけてパンクして  いない方にあわせる)

ふ〜やった〜!
汗だくだったけど
自力にて初チューブ交換完了!
これでもう大丈夫。
いい経験が出来ましたね☆(>_^)


@みんなで走っている時にパンクしたら取り敢えずチューブ交換で対処してパンク修理は後でやるのがマナーです。出来たら自分の自転車に適合するスペアチューブを必ず持っていきましょう。

このあと少し走ってお店に無事到着しました。


仲良く友達同士MTBで初参加のルイガノのKさんと
レーシングカー等の設計をしているというトレックのSさん
おつかれさま。またマニアックな仕事の話し聞かせて下さいね。

おもしろい靴履いてコルナゴで参加のSさん
いつもありがとうございます。
靴底にタイオガのペダルピンが刺さらなかったのでしょうか?

最後に今回はスタッフのF井さんも半強制飛入り参加でした。

参加して頂いたみなさんどうもお疲れさまでした(^^)
今後もおいしいサイクリング企画やおもしろ企画をしていきますので
どしどし参加依頼して下さいね。




トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 二宮サイクリングの報告

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.chdbikes.com/main/mt-tb.cgi/61




2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30