めちゃウナい!

いきなりなんなんだぁ?
なんとも変なタイトル
いつもとは、ちと違う感じ...

なんとお休みの今日は、東名高速富士I.Cを下りて
静岡県の山中を縫って川や田園風景の中を
久しぶりに愛車でドライブしてまいりました。
なんでそんなところに行って来たのか?

それは、おいしい噂を聞いたからに他なりません。
てんちょの行くところ
美味しいものや♨が必ずあるのです。

本日のターゲットは
山梨県南巨摩郡の「うな富士」という鰻屋さん♡
こだわりうなぎ職人のお店です。

夕方の営業開始まで、時間があったので
「まかいの牧場」で暇つぶし..

ハンモックで寝そべったり動物達や可愛い羊ちゃんに癒されていると
アッという間に時間が経ってしまい、早くもお別れタイム..

きゃわゆいヒツジちゃん達の「んメェェェ〜」という鳴き声を後に
出発してから1時間ぐらい田園風景の中や狭い山道を走ったでしょうか?

漸く到着すると!
へ!ここ?って感じの小屋で
営業時間が始まっているにも拘らず、準備中の看板が!
もういいですか?と声をかけると
おじさんが、あわてて準備中の看板を裏返してました。 うちも同じですけど..
「う〜んのんびりしていていいな〜」
DSCF7012.JPGDSCF7003.JPG
席に着くと鰻重は特上と得々上しかないので
当然大きな得々上と鰻の洗い、キモ焼き(きもちわるい焼き物のことではありません)
の3品を注文しました。

先ず出てきたのは
洗い!コリコリしていて本わさびをチョンと乗せて醤油で食します。
おまけにウナ皮の焙りが付いていましたがこれも絶品です。
DSCF7011.JPGDSCF7005.JPG
いずれとも始めて食べたのですが
この段階で早くも感動してしまいました。
次に出てきたのが
キモ焼き(鰻のキモを串焼きにしたもの)
これはほんのり川の香りがして少し苦い(焦げが少し多いだけではなく本体の味)大人の味です。
DSCF7008.JPG
そしてメインディッシュ!得々上が、おばあちゃんに運ばれて来ました。

身が締まっていて歯応えもしっかりぷりぷりの鰻は
ちと多めの焦げが香ばしく..
ほのかに鮎の様な川の香り
そして、うなぎの概念が覆された一品でした。

最後に
おいしいおいしい!って、食べていたら..
土産にと言ってお爺ちゃんにキモ焼きをいただいてしまいました。



2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30